大切な赤ちゃんのために洗濯は念入りにチェックしよう

乳児の日焼けを防ぐ方法

赤ちゃんとママ

紫外線を避ける工夫

赤ちゃんの肌は、スベスベなイメージがありますが、大人より皮膚が薄く乾燥しやすくなっています。日焼け止めには成分の強いものが多いので、生後3ヶ月ぐらいまでは塗らない方がよいでしょう。問題となるのは、外出時です。紫外線は赤ちゃんの肌によくありませんから、防ぐ必要があります。日差しを避けることのできるベビーカーに乗せるか、帽子をかぶせたり、肌に直射日光が当たらないような工夫をしましょう。赤ちゃん用の日焼け止めも売られています。露出しやすい顔や手には、赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってください。ただ、肌の強さには個人差がありますから、少し塗ってみて赤くなるようであれば、塗るのをやめた方がいいかもしれません。

無香料や無着色の商品

赤ちゃん用の日焼け止めが販売されています。大人用より使用されている成分は抑えられていますが、できるだけ余計な成分が添加されていないものを選びましょう。無香料や無着色のものを選ぶと、赤ちゃんの肌への負担が少なくなります。特に、「ノンケミカル」と書かれた商品には、紫外線吸収剤が含まれていません。紫外線吸収剤は肌が紫外線を吸収するのを防ぐ成分ですが、赤ちゃんの肌には強すぎる場合があります。また、「天然由来成分」と書かれた商品なら、身体に悪い成分は使われていないでしょう。ほかには、「アルコールフリー」や「弱酸性」などという表示も、余計な成分が含まれていないことをあらわしています。日焼け止めを購入する際には、成分をしっかりご確認ください。